ベテラン社員にこそ社員教育が必要とされる理由

ベテラン社員の経験を吸い上げることができる

社員研修と聞くと新人が受けるものというイメージがありますが、最近ではベテラン社員に向けた研修も増えてきています。ベテラン社員が研修を受けるメリットはいくつかありますが、まず研修を受けることで意見交換の場を持つことができ、かつ意見を吸い上げることができるということが挙げられます。
これまで社内で十分な実績を積み、会社を支えてきたという自負があるベテラン社員は、実の所あまり研修に前向きではありません。研修と聞くとやり方を押し付けられるというイメージが強いからです。しかし研修はノウハウを学ぶだけの場ではなく、社内の業務環境を改善するための場でもあります。長く会社にいる人間からの意見は、この効果を押し上げることに繋がるのです。

やる気を刺激し、前向きな勤務態度につなげる

ベテラン社員の研修には、もう一点、やる気のない社員への刺激という役割があります。仕事に対して向上心を失い、マネージメント能力や管理能力に問題があるベテラン社員は少なくありません。研修を行うことでこういった社員のやる気を刺激し、社内を活性化させることができます。
とはいうものの、向上心が低下しているベテラン社員を再びやる気にさせるのは非常に難しいことです。無理に社内研修を敢行すると、社員同士のモチベーションの差が浮き彫りになり雰囲気が悪くなるという結果にもつながりかねません。こういう場合は工夫が必要です。例えば研修コンサルタントサービスを利用するのも方法の一つです。より広い視点を持ち込むことになりますし、社内の人間だけで行うよりも、冷静な視点で研修を行うことができます。