最新情報!世代が違う社員への接し方

自分の価値観を押し付けない

社内で若手の社員を教育する場合、気を付けなければいけないポイントがいくつか存在します。教育の方法によっては、個人の資質を伸ばすことが出来る場合もありますし、有能な社員を潰してしまう可能性もあるのです。
まずは、自分の価値観を押し付けないということです。相手も一個の大人ですので、常に上から目線で、何事も決めつけてかかるのは良くありません。相手がなぜそのように考えるのか、これからどうすれば良いのかということについて、真摯に向き合わなければいけないのです。
また、きちんと説明もせずに「やる気さえあれば出来るはずだ」などという精神論的な言葉を吐くのはご法度です。自分の感情でものを言うのではなく、理論的に説明した方が良いでしょう。

細かいことに口を出さない

相手がまだ若手の場合、どうしても言動が気になってしまい、ついつい細かいところにまで口を出してしまうことが多い人は要注意です。教育してくれる人ではなく、ただの口うるさい人として認識されてしまいます。
そのような行動を取ると、常に監視されている上に小言を言われ続けているような感覚を受けてしまいますので、若手社員が委縮してしまう可能性があります。常に上の立場の人の目線を気にするようになってしまい、伸び伸びと仕事をすることが出来なくなってしまいます。
そうすることによって、若手ならではの斬新な提案が得られるかもしれない機会をみすみす逃してしまうことになるのです。大きな失敗は注意しても、小さな失敗は見て見ぬ振りをする方が良いのですね。