社員教育が会社を変える!良い会社が必ず行っている教育とは?

成長する会社には社員教育の体系があります

社員教育は思い付きで行っても社員が迷惑なだけです。教育というものは10~20年計画ですすめなければ、会社の財産となる人材は育ちません。成長する会社は人づくりからはじめているものです。そのために、新入社員として会社に入社してから、退職するまでの教育体系を作っているのです。
学校教育と違い、会社の人づくりは「会社にとって有益な人材」を育てることが目標になります。また、教育効果を高めるために人事制度と連携して評価に連動させているのです。これは、研修を受講して教育効果があれば、次々と教育機会が増えていくし、人事異動で現場教育ができる環境を作っていきます。当然、賃金体系にも繋がっており昇給や昇格も早まります。

20~30年先のビジョンに基づいた社員教育

成長する会社には数字で表現したビジョンがあります。抽象的な目標では社員には分かりにくいからです。例えば、20年後には目標一千億、店舗数100店といったものです。この数字に向けて、新人も経営者も一丸になって進むため、数字の修正がされることがあっても、ビジョンの考えが変わることがありません。
組織の各部門も役割が明確になり年度の事業計画が立てやすくなります。例えば、3年後の中期計画の目標は150憶、店舗数30店となれば、3年後に向けて店長は最低30名必要になります。現在15店の15名であれば3年かけて15名を育てる計画が全社員に分かるのです。同じようにバイヤーは何名必要、1店舗に10名配置となれば3年間の採用人数も分かります。従業員に分かりやすくしているのが特徴です。

新入社員が新人研修で最大限の効果を身につけるためには、研修に対するひたむきな姿勢や、やる気が大切です。